Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 PRO - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 PRO - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
Alpha 45 - ICANホイールジャパン
仕様

  エアロ感を増したツーリングモデル

エアロルックに惹かれるユーザーには一考の余地のある45㎜リムハイトのモデルです。40㎜からの重量増も少なく、ハイパフォーマンスを存分に楽しむことが可能です。

 

仕様

タイプ カーボンロードバイクホイールセット
素材 100% カーボン繊維 東レ T700 
サイズ  700C
リム

 仕上げ: UD Matt
 スポーク穴数: 20/24
 幅: 外幅: 25mm 

ハイト  45mm
プロフィール クリンチャーチューブレスレディ
ハブ Novatec F428SB-SL/A291SB-SL
スポーク Pillar SA1423 スポーク
スポーク数  フロント: 20   リア: 24
スポークテンション

 フロントホイール: 15N  

 リアホイール: 13-20N

スポークパターン

フロント:ラジアル
リア: ドライブ側 2 クロス

反ドライブ側 ラジアル

ニップル 合金 カーラー: ブラック
カセットの互換性  Shimano 10/11
ホイール重量 Alpha45   合計: 1550g (フロント: 670g リア: 880g)
Alpha45 Pro  合計: 1488g (フロント: 640g リア: 848g)
ブレーキ面 3K カーボンブレーキトラック
体重制限  254lbs/115kg
保証期間  2年
付属品

 スキュワー1セット  

 カーボン用ブレーキパッド

梱包サイズ  81.5cm x 17cm x 65.5cm

 

特徴

ワイドリムテクノロジー

幅広化の傾向にあるロードバイクタイヤ、これをしっかりと受け止める25㎜幅のリムです。タイヤとリムの面一化にこだわりぬいた美しいリムサイドの曲面を持ち、空気の流れを規則的に、安定的に受け止めます。エアロ効果に加え、タイヤの摩耗軽減にも貢献しています。

 

クリンチャー/チューブレス両用可能なリム設計

どちらのタイプのタイヤも装着可能です。使い慣れたクリンチャータイヤは扱いやすく、対するチューブレスタイヤはすぐれた転がり抵抗を示し、パンクの可能性を低減します。

 

UCI認証という圧倒的な信頼性

自転車競技を管轄する世界的な機関であるUCI(Union Cycliste Internationale)の厳しい審査をパスした製品にだけ与えられる栄誉です。UCI公認ロードレースへの使用が認められています。

UCI logo

 

2年間保証の安心感

ICANは、通常の使用で生じた万一の製品トラブルに責任をもって対処します。日本国内、または本社において、修理・交換を当社送料負担でおこないます。

 

推奨タイヤ空気圧
ライダー体重 インナーチューブ付き標準クリンチャータイヤ チューブレスタイヤ
≤ 65 KG 23mm - 95/100 psi
25mm - 90/95 psi
28mm - 85/90 psi
23mm - 90/95 psi
25mm - 85/90 psi
28mm - 80/85 psi
65 - 75 KG  23mm - 100/105 psi
25mm - 95/100 psi
28mm - 90/95 psi
23mm - 90/95 psi
25mm - 85/90 psi
28mm - 85/90 psi
75 - 85 KG  23mm - 101/106 psi
25mm - 96/101 psi
28mm - 91/96 psi
23mm - 95/98 psi
25mm - 90/95 psi
28mm - 85/90 psi
85 - 95 KG  23mm - 104/109 psi
25mm - 99/104 psi
28mm - 94/100 psi
23mm - 95/99 psi
25mm - 90/95 psi
28mm - 88/95 psi
注意 - タイヤ側面の推奨最大タイヤ空気圧を確認し、絶対に超えないようにしてください。
レビュー